パリ ロダン美術館

19世紀を代表するフランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの美術館『考える人』『地獄の門』などで知られ、「近代彫刻の父」と称される彼の主要な作品が展示されています。
この美術館は9年間住んだ邸宅を改装しン美術館としてで鑑賞することができるようになりました。

そしてそこには、彼によって人生が狂ってしまったひとりの女性、カミーユ・クローデルの作品も展示されています。
彼女の作品からほとばしる魂の叫びに迫ります。

緑に囲まれた瀟洒な邸宅に、ロダンの代表作のほとんどを収めるこの館は、130以上ものが展示されています。
パリのなかでも、指折りにはいる魅力的な美術館のひとつとです。

View this post on Instagram

倉敷美観地区④ 大原美術館正門前(左側)に立つロダン作彫刻『洗礼者ヨハネ像』 Rene Rodin of Ohara Museum of Art 同美術館は、1930年(昭和5年)倉敷の実業家大原孫三郎が設立。西洋美術、近代美術を展示する私立美術館としては日本最初のものです。 大原家は倉敷紡績を設立、大原美術館の他倉敷中央病院なども造営。 また、倉敷市内中心部が戦時中に米軍の空爆から免れたのはこの美術館の存在があったとする都市伝説が残っています。 ※像自体はロダンの没後、児島虎次郎がロダン美術館と交渉し鋳造させたそうです。 #ロダン #洗礼者ヨハネ像 #大原孫三郎 #児島虎次郎 #財閥 #倉敷紡績 #国重要文化財 #大原美術館 #虎さんぽ #🐯 #虎JIRO #ReneRodin #OharaMuseumofArt

久保誠虎さん(@kubo3325)がシェアした投稿 –

彫刻な好きな方はぜひ。

ロダンの彫刻も素敵ですが、庭園など空間すべてが素敵な場所です。

The following two tabs change content below.
中村 清隆
株式会社イーダ ディレクター 10代より20代後半まで美容師としてサロンワークや講師など最前線で美容業界に従事。20代後半でデザインを中心とした制作会社の立ち上げ13年間運営に携わる。 2017年4月より株式会社イーダ立ち上げに参画。 一般社団法人ブランドマネージャーのスタンドトレーナーとしても企業ブランディングのお手伝いを行っています。 本サイト『フラル 』ディレクターとして統括させていただいております。 『フラル 』をお愉しみください。

関連記事一覧