【検証】免疫って?免疫強化は風邪、熱、炎症と向き合うことから

皆さんこんにちは。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?
この時期は何かと体に症状が出る時期です。
インフルエンザも流行しています。
私の周りは結膜炎の方がたくさんいました。(私も含め)

結膜炎とは・・・?
目の病気ということは皆さんご存知ですよね。
結膜炎=眼科受診して点眼・・・というのが一般的でしょうか。

結膜炎も一つの炎症として考えるととてもシンプルに捉えることができます。

まず結膜炎とは・・・
https://medicalnote.jp/diseases/%E7%B5%90%E8%86%9C%E7%82%8E?utm_campaign=%E7%B5%90%E8%86%9C%E7%82%8E&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

結膜炎にも色々ありますが、結局のところ、自己免疫力が低下していると細菌、ウイルスに対しての抵抗力が低下し、小さな炎症で済むこともあれば大炎症になることもあります。

炎症(えんしょう、英: Inflammation)とは、生体の恒常性を構成する解剖生理学的反応の一つであり、恒常性を正常に維持する非特異的防御機構の一員である。炎症は組織損傷などの異常が生体に生じた際、当該組織と生体全体の相互応答により生じる。(Wikipediaより)

・・・つまり身体にとって必要な反応ということです。

炎症は「悪」ではなく「味方」という考えです。

炎症を薬で押さえることよりも、自己免疫さんが働いて退治するのが自然です。

免疫さんはがんばろうとしているのに薬を使うと、身体はどんどん怠けてしまい、免疫反応が鈍くなります。

眼科で薬(抗生剤)を使って治しても約1週間、自己免疫力で治しても1週間かかります。
ただ・・・生活習慣の乱れ、疲労の蓄積などから免疫力が低下しているとどうでしょう?一向に炎症はおさまらず悪化してしまいます。

かく言う私も年末年始で忙しく(外食も多く)免疫力が低下していました。そこで使ったのは「エキネシア」です。

エキネシアとは

学名:Echinacea angustifolia。別名:Purple Cone Flower。キク科の多年草。花はローズがかったピンクから紫色の舌状花と円すい状の筒状花からなる。

根茎は毒性のない草本由来の免疫賦活剤としてその効果が研究されている。免疫機能を高めることにより、風邪、インフルエンザなどの感染に効果があるとされる。

ハーブティも各種出ていますが、今回私はホメオパシーのマザーティンクチャーを使用しました。

https://www.kenko.com/P8202790/p.html

そして、直接眼を洗うためのサポートアイも使用。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/193677_10878856/1.1/

エキネシアで自己治癒力を高めつつ、サポートアイで目の洗浄をしたら、1週間でキレイに治りました。

自己治癒力で治した後の体は、炎症を通じて体内の老廃物が出てとても軽やかです。

顔色もよくなり、一皮剥けた様。

素晴らしいこの地球の恵みに感謝して、できるだけ自然に寄り添う生活をしたいものです。

 

また、免疫力を高めるには日頃の適度な運動も大切です。

呼吸を動きに取り入れたピラティスは自律神経を整え、免疫力強化に最適です。

是非♡

カラダカクメイ公式サイトはコチラ
http://karada-kakumei.com/

The following two tabs change content below.
村松 弥生
Body lab カラダカクメイ代表 資格 ・POLESTAR PILATES コンプリヘンシブリハビリテーションインストラクター ・JCCAコアコンディショニングベーシックインストラクター ・FT-PHYSIO Basicインストラクター(TOGU) ・Aromatherapy foundation course修了 ・リンパ健康法インストラクター ・介護支援専門員(ケアマネジャー) ・ACLS(二次救命処置)コース修了 ・福祉住環境コーディネーター2級 運動面、栄養面、精神面、内臓機能、女性特有の悩みなど、様々な視点で分析し、ピラティス、TOGU、理学療法など、その時、その方に合ったアプローチを提供します。

関連記事一覧