働く上での心の持ちよう

専業主婦歴7年
あることから働くきっかけを頂き
世間でよく耳にする「ワーキングママ」になりました
それが4年前の事

子育て、家事、仕事
一気にする事が増え、それに加え
母の介護・看取り、それから父の介護もはじまり
自分を見失いました
おそらくまだ見失い中

子供がいるから、家庭があるから、仕事をしているから
ではなく、どんな方でも湧き上がる
これでいいのかな?
自分って大丈夫なのか?
成人しているから、大人だから、子供じゃないから
しっかりしてる・自立してる
ってわけではないと思います
今の自分は、どう行動したらいいか
どう立ち回ればいいか、毎日思い悩んでます

ライフワークバランス
働き方改革
仕事をしているせいか、ニュースでこの単語を聞くと気になります
実行するの難しそうだなぁと聞いています

そんな折に、会社からのアンケート
あなたにとっての補助輪とは?
と質問されました
補助輪の説明を聞くと
どうやら補助輪とは私を助けてくれるものらしい
補助輪ってライフワークバランスのバランスに値するものかも!

アンケートの書いた答えは
「私と全く性格が異なる娘」
彼女のおかげでどれほど喜怒哀楽を味わう事ができたのか計り知れない
「ホット珈琲、アイスクリームなどなど食べ物」
食べてる時間が一番幸せなデブタレ並みの考えを持つ私ならでは
「音楽を聴きながらふんふん踊ること」
音楽聞くとつい身体が動き、楽しくなってる自分がいる
これが私の補助輪
私の精神面での支え=心の健康に繋がるものではないでしょうか?

そんな事に気づかせてくれた
私が勤める職場、株式会社ONZiiiAct(デイサービス等運営)
今年度の行動指針
「あなたの補助輪に私はなります」

自分の補助輪が何か分かってきた所で
私は会社の中で、誰かの補助輪になれるのでしょうか
まだそこにはたどり着いていないです
遥かなる目標の一つに入れました

The following two tabs change content below.
高柳 知美
介護業界に勤め始めの事務員です 私生活では親の介護をしつつ、介護って知らない事ばかりと発見の毎日 ある時はショムニ、ある時はドライバー 脚立が良く似合う事務員です。

関連記事一覧