日本人に不足しがちな栄養素とは!?

日本の食事習慣は、かつてと比較すると大幅な変貌を遂げています。食習慣の変化によって、栄養素の不足が問題視されていますが、どの栄養が足りないのでしょう。
食べ物の味が分からない、何を食べてもおいしくないといった症状が出てきたら、亜鉛不足かもしれません。

代謝を高める作用があるという亜鉛は、ミネラルに分類される栄養素です。
味覚を感じる細胞は、人の体の中でも特に新陳代謝が活発であるため、亜鉛が足りなくなると味覚に影響が出ます。
そのほか、抜け毛が多くなったり、抜け毛が増えたり、免疫が落ちたりします。

View this post on Instagram

そもそも炭水化物って何? 炭水化物がご飯やパンなどの「主食」と同一のものとして扱われることもありますが、本来炭水化物とは糖質+食物繊維の複合物のことを指します。正確にはご飯やパンは炭水化物を含む穀物類です。 ピラミッドに記載されている食べものは後者の意味での炭水化物ですので、その点ご注意ください。また、今回トマトは果物ではなく野菜として扱っています。 カテゴリー1野菜 カテゴリー2果物 カテゴリー3豆類、穀物類(玄米、押し麦、キヌア等)、芋類(デンプン性野菜) カテゴリー4精製された穀物類(精白米、食パン等) カテゴリー5お菓子 と、カテゴリーが上がるにつれ栄養が削ぎ落とされ、太りやすさ指数も高くなっていきます。太りやすさ指数はカロリー密度、グリセミック値(血糖値の上がりやすさ)、グリセミックロード値を元に考案した値です。 よく糖質制限の本などに「果物に含まれる果糖は太る」「ダイエット中は果物NG」というように書かれていますが果物を食べて太るというのは誤解です。g当たりのカロリーも低く、血糖値の上昇もごくわずか。 ご飯の100gは168kcalありますが、比較的糖分の多いバナナでさえ100gあたり86kcalしかありません。りんごなど54kcalです。 肝臓を経由してすぐに中性脂肪になるなどと言われていますが、これは机上の空論。あくまでも動物を対象に大量の甘味料を使ったケースの話です。自然由来の果物を食べて同じことが起こることはありえません。 日本では古来から水菓子と呼ばれ、甘さも相まってどうしても太るイメージが先行してしまいます。が果物を摂取することで満腹感も上がり、甘いもの欲求も抑えられるメリットもあるので、果物はオススメです。 ピラミッドは炭水化物を客観的に評価したもので、個人の好みや食習慣まで考慮していませんので悪しからず。また、お菓子やパンを食べたから太るわけではないし、食べていけないという意味ではありません。私のクライアントはパン好きな人が多いのですが、総カロリーをきちんと守っているので皆さん総じてスリムです。 糖質を制限すれば痩せるというのも危険な考えです。 これはあくまでもアメリカの統計ですが、 ①過去40年で、一人当たりの一日摂取カロリーが500kcal増加。 ②調査の結果、1970年代〜1980年台では、増加分のうち脂肪と炭水化物による影響が80%(半々くらい)、砂糖の影響が10%をほどであった。残りの10%は謎。 ③1990年から現在までは炭水化物と砂糖の摂取量が下降中。一方で脂肪摂取量は増加。運動量は低下。結果国民の脂肪率は目下増加中。 このデータが示す通り、肥満はいろいろな要因が絡んだ複雑な問題です。したがって、「糖分さえ控えればダイエットに成功する!」というのは 「ハメス・ロドリゲスさえ抑えればコロンビアに勝てる!」と言っているようなものなのです。 そして、日本がコロンビアに勝ったのはハメス・ロドリゲス選手を封じたからではないという事実。そこらへんの認識、よろしくお願いします(笑) #ハメスロドリゲス #栄養 #ヘルシー #食べて痩せる #食事制限 #体重 #脂肪燃焼 #減量 #痩せる #糖質制限ダイエット #ロカボ #栄養素 #美ボディ #腹八分目 #インスタダイエット #カロリー制限 # #パーソナルトレーナー #カロリーコントロール #ダイエット中 #ダイエット #ダイエットスープ #血糖値 #炭水化物 #フィットネス #果物 #フルーツ

ダイエット&ボディメイク情報館さん(@takaliciousnutrition)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

. . @kireinadeshiko 様からプロテインパウダー #キレイナデシコ をいただきました♡ . . 食の細い方やダイエットには タンパク質が不足しがち。 肌荒れやガサガサ肌の原因になり 美肌の大敵だそうです🤓 . 私は少食なので こういったものに頼りたい✨ 「ふんわりショコラ風味」♥️ 1日1回を目安にいただきます。 . . さぁ、今日はこれからヨガをしっかりみっちり。 プロテインもプラスで どうかキレイになれますように ( ⸝⸝⸝•_•⸝⸝⸝ ) . . #pr #プロテイン #プロテインパウダー #ソイプロテイン #ホエイプロテイン #コラーゲン #ビタミン #乳酸菌 #鉄分 #栄養素 #栄養素補給 #ビーレジェンド #美肌#美容#美活#美意識#美容好き#大人女子#コスメ好き#ヨガ#yogalife #サプリメント#美容女子#自撮り#キレイになりたい #いつもありがとうございます

ゆうさん(@yuu_crew_)がシェアした投稿 –

これまで、日本では1日に必要な亜鉛の量が明らかになっておらず、意識して摂取する栄養素ではありませんでした。
食事から摂取する亜鉛の重要性が説かれるようにはなりましたが、現状において、亜鉛不足は問題になっています。

様々な食材に、ちょっとずつですが亜鉛は入っています。代表的なものは穀類、豆類、野菜類などです。亜鉛不足を防ぐためには栄養バランスの良い食事を毎日きちんと摂るように心がけることが大切です。

食物繊維は、日本人の普段の食事の中で、不足しやすい栄養素だといいます。十分に食物繊維が摂取できていないと、便のかさが減って、お通じが悪くなったり、大腸のトラブルが起きやすくなります。

野菜や果物からも食物繊維は摂取することができますが、特に食物繊維が多いものとして小麦のふすまなどがあります。どんな栄養素が不足しやすいかを知っておけば、健康にいい食生活を送る上での参考になるでしょう。

The following two tabs change content below.
フラル
コンセプト 【カラダの中から真のキレイ作り】 女性の美容と健康に不可欠なコスメ・スキンケア・ダイエット・エクササイズ・サプリなどのオススメ情報を、各プロフェッショナル が独自の目線で発信を行ってゆきます。 セルフケアの参考にぜひご活用ください。 今後フラルでは、プロフェッショナル が監修したプロダクト開発、販売、流通も行ってゆきます。 それではフラルをお愉しみください。

関連記事一覧