【解説】身体を整える習慣(子宮・卵巣)

皆様こんにちは。
秋ですね~。
秋は養生が必要な季節です。
夏の疲れが出る時期ですので、胃腸に優しい食事と良質な睡眠をとりましょうね。

さて、心と体は繋がっている・・・。
皆さんも漠然と感じていると思います。
緊張すると胃が痛くなったり、お腹を下す方もいますよね。

今日は心と子宮の関り、心と子宮を整えるエクササイズをご紹介。

子宮ってどんなところでしょう。

命が宿り、お母さんと繋がる大切な大切はところです。

約10か月かけて母の子宮で育つことから、母との関係が骨盤の環境に影響すると言われています。

□あなたを傷つけた母

□あなたをバカにした母

□あなたの心を不自由にした母

□あなたの期待に応えてくれなかった母

□母親らしいことをしてくれなかった母

□上からモノを言う職場の上司、学校の先生

□姑・・・・

・・・が許せない。

そんな思いを抱いていると婦人科系に不具合が生じることがあります。

まずはそんな自分を一度受け止めて、「辛かったな、あのとき・・・でも、母親も人間だからなぁ・・・」などと感じてみる。
泣くのもいいと思います。

そして、骨盤を整えるエクササイズをしましょう。

ピラティスには、ペルビッククロックというエクササイズがあります。

骨盤を時計に見立ててあらゆる方向に動かして骨盤をセンタリングしていくエクササイズです。

①仰向けに寝て膝を立てます

 

②お臍を胸の方に傾けます

 

③反対にお臍を恥骨の方に傾けます

④②と③の動きを、呼吸を穏やかにしながら繰り返します。
力は必要最低限にするのがポイントです。

⑤その要領で左右も行います

⑥時計回り、反時計まわりで動かします

夜寝る前に行うと良質な睡眠がとれますよ。

呼吸を止めずにリラックスしていこなうことが重要です。

心と体は繋がっています。

エクササイズを習慣化して、許せる心と体に!

是非♡

The following two tabs change content below.
村松 弥生
Body lab カラダカクメイ代表 資格 ・POLESTAR PILATES コンプリヘンシブリハビリテーションインストラクター ・JCCAコアコンディショニングベーシックインストラクター ・FT-PHYSIO Basicインストラクター(TOGU) ・Aromatherapy foundation course修了 ・リンパ健康法インストラクター ・介護支援専門員(ケアマネジャー) ・ACLS(二次救命処置)コース修了 ・福祉住環境コーディネーター2級 運動面、栄養面、精神面、内臓機能、女性特有の悩みなど、様々な視点で分析し、ピラティス、TOGU、理学療法など、その時、その方に合ったアプローチを提供します。

関連記事一覧