ふくらはぎ痩せとむくみの関係

むくみがなくなることで、ふくらはぎが痩せる効果が得られます。人の体は、50%以上が水分です。
体内の水は、重力の影響で、下に下がりやすい状態になってきます。
とくに、デスクワークなどが多くて、仕事中ほとんど座っているような人や、ずっと立ちっぱなしのような仕事の人は注意が必要です。重力の作用によって、体の中にある水が足に集まり、停滞してしまう場合に起きる症状です。歩いたり立ったりと足を動かす事が多い仕事をしている人の場合は、常に足を動かしている為に、むくみも少なくなる傾向にあります。

View this post on Instagram

. @mybodymake さんより♫ . むくみやすい ふくらはぎのストレッチ♥️ . ふくらはぎは第二の心臓とも 言われていて 心臓の様に全身に血液を送り出す ポンプ作用があります! . 特に下半身の血液は心臓から 遠いので戻る力が弱くなってしまい ふくらはぎがむくんだり 冷えの原因になるそうです! . しっかりストレッチをして 促してあげましょー♥️ . . #むくみ解消 #冷え性改善 #冷えは万病のもと #宅トレ #筋トレ女子 #美ボディ #美意識 #美脚 #ふくらはぎ痩せ #ボディメイク #トレーニング好きな人と繋がりたい

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿 –

ふくらはぎをよくもみほぐして、血液の流れをスムーズにしてあげることで、むくみのひどいふくらはぎを細くすることが可能です。マッサージクリームやオイルでふくらはぎのまわりをよくマッサージをして血流を促進してあげれば、不要な水分も流れてむくみも取り除けます。マッサージだけではふくらはぎが痩せる効果が足りないという場合は、エクササイズもおすすめです。上向きに寝そべった状態で、足を心臓よりも上に上げることで、むくみを取ることができます。

View this post on Instagram

【#ヒップリフト】 先ほどお伝えした#ふくらはぎ痩せ の為にも普段使わない脚の裏側、ふくらはぎ太ももお尻の筋肉も鍛えられます🙆 ①横になり、両足を椅子やバランスボール等の高い所に乗せます。 ②片足を伸ばし、持ち上げたままゆっくりと息を吐きながらお尻を上に持ち上げます。 ②太ももの裏側とお尻の負荷を感じて上げられるとこまで上げたら深呼吸。 ③また息を吐きながらゆっくりとお尻を落とします。 ④落とす時に背中が反らないよう背骨を1本1本つけるよう少し丸めながら下ろすと腰を痛めにくいです🙆 ⑤上げ下げ10回×セット数は体力に合わせて🙆 私は片足3セットづつやりました🎵 #ダイエット#ダイエット部#ダイエットママ#ママダイエット#産後#産後ダイエット#産後エクササイズ#応援団#自宅トレーニング#宅トレ#家トレ#筋トレ#トレーニング#筋トレ女子#美尻#ボディメイク#annaお尻#diet#exercise#fitness

annaさん(@anna97114)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

【#ふくらはぎ痩せ】 以前#マッサージについて でもお伝えしましたが、浮腫の主な原因はリンパの流れが悪くなったり、詰まってしまう為。 覚えて欲しいのは、 血流は心臓のポンプで送り出し浄化しますが、老廃物を流すリンパは自ら流れません。筋肉や骨格、血流がポンプの手伝いをしてリンパの老廃物を送り出しています。 血流も筋肉のポンプがなければ心臓に戻るのもゆっくりになり、老廃物が脚に貯まりやすくなります。 ふくらはぎが痩せにくい要因の1つは筋力低下によるむくみ。 脚を細くしたいなら、老廃物を貯めない詰まらせないこと。その為の筋トレとマッサージが大切です☺ #ダイエット#ダイエット部#産後#妊婦#産後エクササイズ#妊娠中#マッサージ#リンパ#リンパマッサージ#筋トレ#家トレ#宅トレ#自宅トレーニング#トレーニング#ボディメイク#エクササイズ#fitness#diet#bodymake

annaさん(@anna97114)がシェアした投稿 –

足を上げること自体は手軽にできますが、足をゆっくりとあげて、1分間その姿勢を保ち、ゆっくりと足をおろすというエクササイズも効果があるといいます。足の上げ下げを繰り返すことによって、ふくらはぎだけではなく、足全体をすっきりと痩せるエクササイズになります。ふくらはぎのマッサージと、エクササイズとを行うことによって、むくみが気になるふくらはぎの代謝をよくして、痩せることができるといいます。

The following two tabs change content below.
フラル
コンセプト 【カラダの中から真のキレイ作り】 女性の美容と健康に不可欠なコスメ・スキンケア・ダイエット・エクササイズ・サプリなどのオススメ情報を、各プロフェッショナル が独自の目線で発信を行ってゆきます。 セルフケアの参考にぜひご活用ください。 今後フラルでは、プロフェッショナル が監修したプロダクト開発、販売、流通も行ってゆきます。 それではフラルをお愉しみください。

関連記事一覧