厚着のうちにこっそり痩せたいな

この季節、セーターなど厚着をするので

体形をカバーするのはもってこいの季節

そんな折に、ピラティスの面白い講座を見つけて参加してきました

厚着の今の季節に細くなれたらいいなぁと

「サタデーラボ~冬こそ油断禁物!!気なる二の腕解消術」

最近写真に写る自分の二の腕が随分たくましいことに気づいています

どうせ減量ができないなら、見た目で細見えさせればいいのでは!

ネットに溢れる情報を自分なりに組み合わせ

二の腕を細くするよう頑張っていました

全く効果なし…

理学療法士の先生に教えていただけるなら効果がでやすいのではと参加しました

まずは骨と筋肉の付き方について学びました
腕がどうやって動くかを理解することが重要とは思いませんでした
筋トレすればいいんでしょ~くらいに思ってました

細い骨が2本あって、太い骨が1本あって、それから肩甲骨へつながると
で、その骨をつなぐのが筋肉
その筋肉が肩につながっているから、腕の使い方を間違えると肩こりになる
筋肉の正しい使い方ではないと鍛えられないということも知りました

肘の関節で上下にしか動かない
肘の関節が柔らかい人は、可動域が広くて動きすぎる それもまた肩こりにつながる
身体の仕組みを理解してからのピラティス
・二の腕=上腕三頭筋は、押す動きで鍛えられる
・大きな力ではなくて小さな力でも筋肉が鍛えられる
このことを念頭に置いて3種類くらいの動作を学び、二の腕の筋肉が使われてる事を実感しながらエクササイズ
合計80分のセミナーでした。
二の腕エクササイズするのに気を付けることは、肩を上げないこと
肩が上がっていると、肩の筋肉を使っていることになり、肩こりの元となるそうです
それも二の腕の筋肉が肩甲骨へつながっているから起こるそうです
知らなかったです
それに気を付けて二の腕をプルプルさせながらエクササイズ
バランス感覚のない私でも、二の腕の筋肉を使うコツがわかると
体幹を鍛えるポーズをしてもぐらつかず、安定してます

とても達成感のあるセミナーでした
次月は内臓ピラティスだそうです
内臓のピラティスってどうやってやるんだろうと不思議に思いつつ申込みしてきました


https://eipo.jp/qo078220/seminars/view/174111

筋肉痛でるかなと期待していたら、二日後に肩が筋肉痛

講師の方から、「残念な結果に終わりましたね」

のお言葉を頂戴しました

内臓ピラティスではしっかり正しい筋肉使えたらなと思っております

The following two tabs change content below.
高柳 知美
介護業界に勤め始めの事務員です 私生活では親の介護をしつつ、介護って知らない事ばかりと発見の毎日 ある時はショムニ、ある時はドライバー 脚立が良く似合う事務員です。

関連記事一覧