背骨を動かして冷え症解消②

背骨を動かして冷え性改善!!前回は背骨や骨盤周囲を安定させるためのデッドバックというエクササイズをご紹介しました。
今回はブリッジというエクササイズで実際に背骨を動かしていきましょう。

ブリッジは背骨を動かすエクササイズの中でも基本中の基本です。
ブリッジを丁寧に習得することで驚くほど体の変化を実感することができます。
(ヘルニアの診断をされたことのある方は控えて下さい)

まず、仰向けに寝て膝を立てます。

上半身はリラックスし、呼吸を味わいます。
可能な限りニュートラルポジション(前回投稿)をキープします。

吸う息でお尻と頭部の距離が長くなるイメージをします。

履く息で尾骨(お尻のしっぽ)から剥がすように丁寧に持ち上げていきます。

背中の真ん中まで剥がせたら息を吸って膝を遠くに突き刺します。履く息で胸からお尻に向かって丁寧に床におろしていきます。

ポイント
①24個ある背骨を一つ一つ動かすこと
②呼吸を止めずに行うこと
③上半身はリラックスすること

この動きを5回行います。
丁寧に行うことでジワッと汗をかくくらい代謝が上がります。

朝10時以降に行うのがおすすめです。
(椎間板の関係で)
夜寝る前に行うことで良質な睡眠が得られます。

是非お試しください(^_-)-☆

karadakakumei.com/

The following two tabs change content below.
村松 弥生
Body lab カラダカクメイ代表 資格 ・POLESTAR PILATES コンプリヘンシブリハビリテーションインストラクター ・JCCAコアコンディショニングベーシックインストラクター ・FT-PHYSIO Basicインストラクター(TOGU) ・Aromatherapy foundation course修了 ・リンパ健康法インストラクター ・介護支援専門員(ケアマネジャー) ・ACLS(二次救命処置)コース修了 ・福祉住環境コーディネーター2級 運動面、栄養面、精神面、内臓機能、女性特有の悩みなど、様々な視点で分析し、ピラティス、TOGU、理学療法など、その時、その方に合ったアプローチを提供します。

関連記事一覧