スムージー1食 健康ダイエットとして効果あるのか??

皆さんご存知かもしれませんが、スムージーとは、果物や野菜を凍らせて、ミキサーにかけて作る飲み物の事で、一般的なジュースとは少し異なっています。特徴としては、新鮮で、ジュースに比べて栄養素や食物繊維が豊富、余分な成分を含んでいない、などがあります。

また、繊維が含まれているため、ジュースに比べて腹持ちが良い、という良い点もあります。
食物繊維が豊富という事は、胃腸の調子を整えて、便秘解消にも効果があると言えますし、こんな健康的な飲み物をダイエットに使わない手はありません。美味しいスムージーを使って、すっきりスリムで健康的なカラダを手にいれましょう。

スムージーダイエットの方法

3食のうち、1食をスムージーに置き換えるだけ方法はとても簡単です!
1日3食のうち、1食をスムージーに置き換えるだけです。

あとの2食は、しっかりといつもの食事をすれば、1食をスムージーに置き換えても、そんなにお腹が空く、という事はないですし、無理なく続ける事が出来るのではないでしょうか。
ただし、だからといって、間食などをしていたのでは、意味がありませんので、なるべく間食はやめる、もしくはどうしてもお菓子やスイーツを食べたいのなら、週1回、スイーツDAYを作るなどにとどめておきましょう。

スムージーは生の果物や野菜を使用しますので、作り置きをすると鮮度が落ちてしまいます。
一回ごとに作りましょう。いつ置き換えるか基本的に健康ダイエットのためには、夕食はたくさん食べない方が良いとされています。なぜなら夕食の後はそれほど活動しませんので、エネルギーも消費しません。ですので夜にたくさん食べると脂肪を蓄積しやすく、また、夕食をお腹いっぱい食べて、就寝すると胃腸に負担がかかってしまいます。

腸内環境を整えるためには、一日のうちで12時間程度、胃腸を休める事がすすめられていて、その時間帯は必然的に夜間、という事になりますので、ダイエットしない場合でも、夕食は軽めにして、朝、昼にしっかりと食べる事が薦められています。という事で、スムージーを置き換えるのは、夕食が薦められます。

もちろん、朝食や昼食は、栄養バランスを考えて、しっかりと摂るようにしましょう。
朝食をスムージーに置き換えてもかまいませんが、夕食は食べすぎないように腹八分目にしましょう。
ダイエット以外の効果は??スムージー置き換えダイエットは、ただ体重が減るというだけではなく、健康的なダイエットですから、色々な良い効果が期待できます。食物繊維を多く含みますので、便秘が解消されますし、腸内環境の改善による美肌効果、そして自律神経のバランスが整う事により精神的に落ち着くなど、ダイエット以外にも嬉しい効果があります。その他、もちろん野菜不足の解消にもなります。

スムージーの作り方とオススメレシピ

具体的な作り方
材料は、お好みに合わせて色々バリエーションがありますが、基本的な作り方を紹介します。野菜と果物の比率は自由ですが、果物の方を少し多めにすると飲みやすいでしょう。また、野菜と果物を凍らせてミキサーにかける方法が面倒な場合や、凍らせるのを忘れてしまっていた場合などは、常温の野菜や果物に氷を加えてミキサーにかけてもOKです。但し、野菜、果物とバランスをとりながら、氷の量を決めましょう。何度か作るうちに、大体の目安がわかってきます。
(冬などは、氷を入れずに常温の野菜と果物に牛乳を加えるなどでも良いでしょう。)

オススメスムージーレシピ
ほうれん草とバナナのグリーンスムージー
材料(2杯分)
バナナ(皮をむいて冷凍したもの)…1本
ほうれん草…50グラムミルク…100cc
はちみつ…小さじ1/2

作り方
1. 冷凍バナナは1センチ幅に、ほうれん草は3センチ幅くらいに切る
2. ミキサーに、ほうれん草、バナナ、ミルク、はちみつの順番に入れて、スイッチON
3. コップに注いで出来上がり(簡単ですね!)
※ほうれん草を最初に入れる事により混ざりやすいそうです。
参考サイト:クックパッド https://cookpad.com/recipe/4613757

まとめ

置き換え健康スムージーダイエットについて紹介しました。簡単に作れるとは思いますが、それでも面倒な時は…最近はコンビニでも色々な種類のスムージーが販売されていますので、代用してもよいでしょう。
ですが、やはり自分で作った方が新鮮ですので、好みに合わせて色々組み合わせを考えてスムージーダイエットにチャレンジしましょう!

The following two tabs change content below.
フラル
コンセプト 【カラダの中から真のキレイ作り】 女性の美容と健康に不可欠なコスメ・スキンケア・ダイエット・エクササイズ・サプリなどのオススメ情報を、各プロフェッショナル が独自の目線で発信を行ってゆきます。 セルフケアの参考にぜひご活用ください。 今後フラルでは、プロフェッショナル が監修したプロダクト開発、販売、流通も行ってゆきます。 それではフラルをお愉しみください。

関連記事一覧