体の洗いすぎはカサカサボディの原因?!

日本人のほとんどが、体を洗いすぎていると言われています。

毎日、たっぷりの泡で全身を洗うのが普通だと思っている人が多いのですが、実は、これでは洗いすぎ。

泡で洗うことの主な目的は、皮脂汚れを落とすことです。表面についたホコリなどはお湯で流すだけで十分に落とせるので、皮脂の少ない腕や脚などは、毎日石鹸で洗う必要はないのです。

人の体で最も皮脂が多いのは頭皮です。その次に顔、背中、胸と続きます。

ボディのカサつきを防ぐためには、皮脂が多いところはしっかり、少ないところはサッと洗うことが大切です。

また、体を洗うタオルはナイロンなどではなく、肌に優しい綿のものを使いましょう!

毎日、石鹸で洗う必要があるのは、皮脂が多い背中や胸。石鹸をタオルにつけて泡立て、1日一回洗いましょう。腕や脚など皮脂が少ない部分を石鹸で洗うのは、3日に一度くらいで十分です。

もちろん、これは基本の洗い方なので、肌質、年齢、季節などに合わせて調節しましょう。

ポイントは「毎日、全身を泡で洗うことは、必ずしも肌によいとは言えない」ということです☆

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
菊川 みな美
美容研究家 美容や健康、flower好きなものを自分の目で見て納得したものを皆様お伝えしていきたいです。 私は美容専門学校を卒業し、某外資系化粧品メーカーで10年勤務していました。集客の多い店舗でしたので、たくさんの女性の悩みに直面してきました。美容の仕事はたくさんのお客様からありがとうの言葉が頂ける最高のお仕事です! ビューティアドバイザーをしていくうちに、企業の枠に捉われず幅広い分野で、もっとたくさんの人に美容の素晴らしさを知ってもらいたいと思いました。 今は時間を切り売りした人生ではなく、有意義で自由でありながら『フラン』から発信しています。

関連記事一覧